"出会えてよかった"
言っていただけるような
看護を目指します。

一人で思い悩まず、まずは、私たちにご相談ください。

SCROLL

私たちの活動

私たちは精神障害を抱えていらっしゃる方を対象に、
そして、そのご本人への対応に苦慮していらっしゃるご家族を
支援する訪問看護を専門としています。

社会生活・家庭生活に不安がある、生活上の相談をしたい、
身の回りのことがうまくできない、家族として対応に不安を感じている、などさまざまな状況に対して
訪問看護師がご自宅にお伺いし、自分らしい生活をご本人やご家族と一緒に考えながら、
皆さまが安心して過ごせるよう、こころと身体の両面から支援する看護サービスを提供します。

SERVICE

訪問看護について

訪問看護は基本的に、一人の看護師がご自宅に伺います。時間は30分程度の訪問になります。

こころの健康チェックと助言
(精神的支援)

独りで心配事や不安などを抱え込まないように、お話を伺いながら一緒に考え、今後の生活が安心して送れるようにします。具体的には、訪問時の様子を拝見し、頑張りすぎて疲れないようにするため、今後の生活の仕方についてご本人の体調に合わせて、関わっていきます。

健康状態や病状の観察

血圧・脈拍測定等を行い、現在の体調について確認し、状況に応じて受診を勧めます。そして、主治医に連絡、報告いたします。

服薬指導、通院継続の支援

薬の飲み忘れや飲み間違いがないように一緒に準備したり、薬の飲み方について確認と助言をします。そして、薬の効果や副作用についてお尋ねします。また、受診日の確認や声掛けを行います。

日常生活や食生活の指導

夜眠れない、買い物へ行けない、ゴミが捨てられないなど、一緒に考えながらご本人に合った実践可能な方法を見つけます。また、偏りのない食事の取り方について助言をします。

対人関係や食生活の指導

友人、近所の方、ご家族、勤務先の上司や同僚の方との付き合い方など、ご本人にとって無理のないような接し方を一緒に考えます。

ご家族の悩みに対する助言や相談

ご本人に対して、どのように接したらいいのか戸惑い、不安に思うことなど、お話を伺いながら、ご家族と一緒に考えます。そして、今後、皆さまが安心して過ごせるように支援していきます。

TARGET

訪問対象者

  • 服薬の管理が難しい方(お薬の相談や準備をお手伝いします)
  • 身の回りのことが一人ではスムーズに進まない方
  • 話し相手、相談相手がほしい方(家での過ごし方、人とのつきあい方、病気のこと、など)
  • 退院後も継続して看護を必要としている方
  • 独り暮らし、または、家族と同居していても日常生活に不安がある方
  • 人の視線や声など、周囲が気になってしまう方
  • ある考えが頭の中に浮かび、それに左右され、打ち消せずに苦しんでいる方
  • その他(例:気分転換や運動のためなど、一緒に散歩することもあります)

訪問看護は、ご本人やご家族の細かい要望にも、お応えできます。
それは、皆さまを支える大きな力になるところが魅力です。自分ではどうしたらよいのか分からない事を
一人で悩まず、訪問看護ステーションたいようへご相談ください。

健康的で有意義な、自分らしい生活が継続して送れるよう、
私たち「たいよう」の訪問看護師と一緒に考えていきましょう。

ABOUT USE

ご利用について

利用方法
  • 現在、通院されている病院やクリニックの主治医と相談していただくか、電話、またはメールで当ステーションまでご連絡ください。
  • 訪問看護を利用する際は、医師による「訪問看護指示書」が必要となります。転居や転入、その他の理由によりかかりつけの医療機関がない場合には当ステーションまでご連絡ください。
利用料金
  • 医療保険が適用されます。また、自立支援医療制度の利用も可能です。利用される方は自立支援医療の申請が必要です。
  • 生活保護を受給されている場合についても対応できます。詳細はお問い合わせください。
営業日・時間
月曜日~土曜日 午前9時~午後5時までです。
日曜日、12/31~1/3の期間は閉業日となります。
訪問時間
30分程度(状況により増減あります)
訪問地域
入間市、飯能市、狭山市、日高市
上記以外の地域(例えば所沢市や坂戸市の一部)でもご相談ください。
交通費(自費)
当ステーションからご自宅までの距離により、交通費がかかります。
5km未満:無料
5km以上:110円
10km以上:210円
20km以上:310円
30km以上:410円
BLOG

たいようブログ

2022.09.23
曼珠沙華
2022.08.25
起死回生